生理前の不調をなんとかしたい!できる対策と考え方

生理前から生理にかけて不調になるとおい女性は多いですよね。
むしろその期間に、体調が変わらないという女性はほとんどいないかもしれません。
しかも体調だけが不調ならまだしも、心も不調となってしまうのが生理の辛いところです。
どうして生理だと、普段は気にならない些細なことでストレスを感じたり、感情的になってしまうのでしょうか。

生理前からホルモンのバランスは変化している

生理になることは子供を産む女性ならではですが、体はその準備をするので、体内のホルモンバランスが大きく変わります。
ホルモンのバランスは精神的なものにも関係しているので、バランスが崩れることによって感情的となってしまうのです。
「更年期障害」なんて言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、同じホルモンの乱れによるものなので、症状が似ています。

生理前にイライラしてきたら一旦落ち着こう

生理前はほとんどの女性が感情的になります。
だいたい生理がくるタイミングが分かると思うので、その時期にはなるべくリラックスするようにしてください。
この時期は、大きな決断をすることは避けたほうがいいので、とにかく何か問題があってもできることなら先延ばしにしてしまいましょう。
温かい飲み物を飲んで、体を冷やさないようにし、本などを読んで過ごすとリラックスできるかもしれません。
感情的になる自覚があるなら、この時期は友人と関わるのも控えた方が良いかもしれません。

もしPMSになってしまったら

あまりに生理の症状が重たい場合、その症状を「PMS」と呼びます。
日本語にすると「月経前症候群」です。
多くの方が不調になる時期ですが、酷い場合になると周りが手をつけられない状態になってしまします。
毎月怒って泣いて、本人も自覚はしていてもそのイライラや感情を抑えることができないのです。
そして生理が始まると、何事もなかったようにケロっとしているのです。
あまりに症状の酷い場合は、PMSの可能性があるので、病院に行きましょう。
今では珍しくないことなので、お医者さんがしっかり対応してくれますし、お薬を飲むと随分と楽になります。

生理で感情的になるのは当たり前

生理になることはホルモンバランスからくるものなので、当たり前です。
感情的になるからといって、決してその人が変なわけではないのです。
できる対策としては、体を暖めることや好きな音楽を聴くなどのリラックスを促すことです。
イライラしてきたと思ったらまずは深呼吸して、気持ちを落ち着かせましょう。

関連記事です▼