ガサガサしてない?今すぐ試したい足の角質ケア

靴下やストッキングが引っかかる原因は、足に角質が溜まっているサインです。
顔や腕などはキレイに角質ケアしても、意外とかかとの角質除去はサボりがちですね。
放っておくと硬くなって、ひび割れなどの深刻な状態になることもあります。
では、足のかかとの角質ケアには、どんな方法があるのか探ってみましょう。

足かかと専用ヤスリで削る

足のかかとケアには専用のヤスリが使いやすくてお勧めです。
安いものなら100円ショップでも販売されていますから、コストをかけずに処理したい人に向いています。
選ぶポイントは、粗い面と細かな面の両面使いができるタイプのほうが、角質の厚さによって使い分けられます。
入浴後に水分を拭き取った後、皮膚が柔らかくなっている状態でヤスリをかけると、ごっそり角質が取れますよ。

薬液で角質を剥がす

ヤスリで削ることに抵抗がある人は、専用の薬液で悪質を剥がす方法もあります。
ネット通販では安価で入手できるものも多く、削ったり磨いたりするのが苦手な人から定評のある方法です。
薬液に両脚を浸して角質を剥がすと、ツルツルなかかとになると話題になっています。
ただ、商品によって異なりますが、この方法は全て剥がれるまでに1〜2週間くらいかかるのです。
ダメージを与えずに美しくする点では優れていますが、じっくりとケアしたい人に向いていますね。

角質ケアソープ

もっと手軽なところでいえば、入浴時に使う角質ケアソープがお勧めです。
角質を除去するスクラブ入りのものもありますし、除去しやすくなるハーブが配合された商品も人気です。
硬めのボディタオルで石鹸を泡立て、かかとを優しく擦ってみると、ポロポロと角質が取れていきます。
足のかかとだけでなく、ヒジや膝などの角質除去も同時にできるので、愛用者はとても多いですよ。

シリコン素材の靴下で短時間ケア

こちらも100円ショップで入手可能なプチぷらアイテムです。
角質が気になるかかとに保湿クリームを塗り、専用のシリコン素材の靴下を履いて待つだけです。
入浴前の10〜15分間くらいの間に行い、よくかかとを洗い流すと、すっきり角質が取れる状態になるのです。
洗って繰り返して使えますので、コスパ面も良好な商品ですね。

お好みの方法でかかとをツルツルに!

足の裏は体重を支える箇所ですから、皮膚の層が厚くなりやすいといえます。
そのぶん角質が溜まりやすく、気を抜くとすぐにガサガサになるのです。
削ったり剥がしたり、様々な方法がありますので、お好みのやり方で美しいかかとをキープしてください。

生理前の不調をなんとかしたい!できる対策と考え方

生理前から生理にかけて不調になるとおい女性は多いですよね。
むしろその期間に、体調が変わらないという女性はほとんどいないかもしれません。
しかも体調だけが不調ならまだしも、心も不調となってしまうのが生理の辛いところです。
どうして生理だと、普段は気にならない些細なことでストレスを感じたり、感情的になってしまうのでしょうか。

生理前からホルモンのバランスは変化している

生理になることは子供を産む女性ならではですが、体はその準備をするので、体内のホルモンバランスが大きく変わります。
ホルモンのバランスは精神的なものにも関係しているので、バランスが崩れることによって感情的となってしまうのです。
「更年期障害」なんて言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、同じホルモンの乱れによるものなので、症状が似ています。

生理前にイライラしてきたら一旦落ち着こう

生理前はほとんどの女性が感情的になります。
だいたい生理がくるタイミングが分かると思うので、その時期にはなるべくリラックスするようにしてください。
この時期は、大きな決断をすることは避けたほうがいいので、とにかく何か問題があってもできることなら先延ばしにしてしまいましょう。
温かい飲み物を飲んで、体を冷やさないようにし、本などを読んで過ごすとリラックスできるかもしれません。
感情的になる自覚があるなら、この時期は友人と関わるのも控えた方が良いかもしれません。

もしPMSになってしまったら

あまりに生理の症状が重たい場合、その症状を「PMS」と呼びます。
日本語にすると「月経前症候群」です。
多くの方が不調になる時期ですが、酷い場合になると周りが手をつけられない状態になってしまします。
毎月怒って泣いて、本人も自覚はしていてもそのイライラや感情を抑えることができないのです。
そして生理が始まると、何事もなかったようにケロっとしているのです。
あまりに症状の酷い場合は、PMSの可能性があるので、病院に行きましょう。
今では珍しくないことなので、お医者さんがしっかり対応してくれますし、お薬を飲むと随分と楽になります。

生理で感情的になるのは当たり前

生理になることはホルモンバランスからくるものなので、当たり前です。
感情的になるからといって、決してその人が変なわけではないのです。
できる対策としては、体を暖めることや好きな音楽を聴くなどのリラックスを促すことです。
イライラしてきたと思ったらまずは深呼吸して、気持ちを落ち着かせましょう。

女性を悩ませる便秘の原因とは?どうやって便秘を解消する?

便秘に悩んでしまう女性は少なくありません。
毎日忙しくお仕事や家事をしていると、なかなか便秘状態が改善されず繰り返してしまいがちです。
イライラしてしまったり、肌の調子も悪くなってしまうこともありますよね。
なので、便秘の原因を知ることでぜひ便秘を解消することに役立ててみて下さい。

そもそも便秘はどんなもの?

便秘とは簡単に言うと毎日のようにスムーズに便が出てくれない状態です。
例え、毎日のように排便があったとしても硬いものが少しずつという場合も便秘と言われることがあります。
なので便秘と言っても個人差があるのです。
基本的には排便の回数が少なく、スッキリ出ていないような状態になります。

便秘の原因とは?

便秘と言っても原因は様々です。
改善がなかなか難しいのは消化器などの病気や服用中のお薬が原因による便秘です。
この場合は、担当医などに相談することをおすすめします。

そして、一般的な便秘の原因として考えられるのが生活習慣の乱れです。

・偏った食生活
・睡眠不足
・ストレス
・運動不足
・水分不足

こういったことが原因になって、便秘になってしまいます。
ご高齢の方の場合には便を運ぶために必要なぜん動運動が弱くなってしまっていることもあげられます。
また、妊娠によって食生活が変わったり腸が圧迫され今まで便秘になったことがないという人でも便秘になることもあります。

どのようにして便秘を解消する?

?食物繊維などを意識しながら食事をしっかり摂る

朝は食べれないという方やダイエットで食事制限をしているという方もいます。
しかし、それこそが便秘の原因になってしまいます。
便のカサを増し、ぜん動運動を促すのに役立つのが食物繊維ですので積極的に食べるようにしてください。
また、腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べて乳酸菌を摂るのもおすすめです。

・睡眠不足・ストレスを解消する
2種類ある自立神経のうち、リラックス状態のときに働くのが副交感神経です。
日中など緊張状態のときには交感神経が働いています。
質の良い睡眠をとるときや、活発に腸が働いてくれるのは副交感神経が優位になっているときです。
ストレスが溜まり緊張状態が続いていると、上手く睡眠がとれずに便秘になりやすいです。
なので適度な運動などでストレスを解消することも便秘を解消するためには必要です。

・水分をしっかりとりながら便意を我慢しない
つい忘れがちになってしまうのが水分補給です。
または仕事の最中や育児の最中に自由にトイレに行けないため、水分補給を控えているということもありますよね。
でも、それは便を硬くしてしまうことに繋がってしまいます。
同じように便意を我慢してしまうのも水分を失わせ、便が硬くなってしまいます。
便秘になってしまいますし、痔の原因にもなります。
水分を適度にとりながら、トイレへ行くのを我慢しないようにしてみてください。

生活習慣を見直して便秘を解消していきましょう!

つい便秘になると薬に頼ってしまいがちになる女性もいますよね。
どうしてもつらい便秘が続くときには仕方ないこともあります。
でも、それは必要な善玉菌なども無理に出してしまって腸内環境を悪化させ、結果的に便秘を繰り返してしまうことにもなるのです。
なので便秘を解消するためには、まず食事や睡眠といった生活習慣を見直すことをおすすめします。
そうすることで、薬に頼らずに便秘を解消していけるようにしてみてください。